Wear OS. iPhoneのキーボードでは、漢字やひらがな等の日本語入力をする時は「地球儀」キーを、アルファベットの大文字入力をしたい時は「↑」キーを押します。PCに「かな」キー・「CapsLock」キーがあるのと似ています。 これはとても便利な機能ですが、ご家族やご友人にiPhoneを貸す時はどうでしょうか?見られては困る・恥ずかしい入力履歴も出てきます。iPhoneはプライベートな情報がすべて詰まっていますので、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。 「設定」⇒「一般」⇒「キーボード」と操作をして「フリックのみ」をオンにします。 「設定」をタップします。 下に少しスクロールして「一般」をタップします。 「キーボード」をタップします。 下に少しスクロールして「フリックのみ」をオンにします。 iPadではパソコンと同様な “QWERTYキーボード” が表示されますが、iPhoneなどのスマートフォンと同様に “フリック入力キーボード” を表示して入力することもできます。 元ITエンジニアの管理人が送るスマホのガジェット系ブログ. このキーは、タップするごとに「ABC」→「☆123」→「あいう」と順番に表示され、対応するキーボード (英字→数字→ひらがな)に切り替わります。 iPhoneのキーボードで、フリック入力をする時のおすすめの設定方法についてまとめました。 photo by Tsahi Levent-Levi フリック入力をやりやすくする このための方法は、至ってシンプル。「フリック入力のみ」に設定するようにしてみましょう。やり方は、以下の手順。 「iPhone 7」を購入した時にした設定。 家族が「ipad touch」や「iPhone 6」を 持っていたりします。 「ipad touch」や「iPhone 6」を購入した 時には問題なかった入力についてです。 「iPhone7」を使用した時につまずいた事 があったので記事にします。 今回は「iPhoneでフリック入力しか使わない人は “フリックのみ” に設定しておくと何かと便利」という知識です。 今や片時も手放しせない人も多いスマホのことですから、もちろんみんな知っているとは思いますが、万が一知らない人がいた場合のために、 おさらいしましょう。 キーボードを表示すると←のようなキー配置になっています。 ガラケー操作に慣れていた頃は、スマホのフリック入力が難しかった思い出があります。。 ただそれも過去の話。 スマホのキーボードでの文字入力は慣れれば間違いなくフリックの方が速いです。 iPhone iPhoneを手に取り、次の場所まで移動してください。 「設定」→「一般」→「キーボード」 そして、下記の「フリックのみ」をオンにしてください(緑色になればオッケイです)。 終わりましたら、ブラウザなどの適当なもので入力の確認をしてみましょう。 ガラケーの時には、「韓国語対応」「中国語対応」など特定の言語サポート機能が必要でした。それを考えると、あらかじめ60ヵ国以上の外国語キーボードが用意されているのは、iPhoneの凄いところではないでしょうか。, iPhoneで、英語以外の外国語キーボードや削除したキーボードを追加したい場合は、設定アプリの「一般」から「キーボード」項目で設定します。, 「日本語キーボード」「英語(日本)キーボード」以外を追加した場合は、自動的に「キーボード」項目に戻り、追加したキーボードがリストに表示されます。「日本語キーボード」「英語(日本)キーボード」の場合は、レイアウトの選択画面が表示されます。 今回は私がiPhoneでやっているフリック入力の方法をご紹介します。母音の仕組みさえ分かってしまえば、スマホではこれが1番早く打てる気がします。合成母音の仕組みにまだ自信のない方は、横にテキストを置いておきましょう。スマホのハングル入力設定がまだの方は、まずは設定して下さい。 iPhoneで「123(☆123)」キーをタップするのが面倒な時は、数字の読みを入力して変換することもできます。例えば、iPhoneで「ひゃく」と入力すると、変換候補に「100」「100(全角)」が表示されます。, これらのiPhoneのキーボードは「地球儀」キーをタップすると、順番に切り替わります。使わないキーボードを削除すると、「地球儀」キーをタップする回数が減らせるため、キーボード切り替えが効率的に行えるようになります。 「フリックのみ」オプションを有効にするには、「設定」アプリ→[一般]→[キーボード]で[フリックのみ]をオン にするだけ。 [フリックのみ]を有効にしておけば、「あああ」などの連続した文字も入力しやすくなりますが、フリック入力しかできなくなる点は注意が必要です。 iPhoneを快適に使うためにキーボードの設定は意外と大切です。iPhoneのキーボードアプ... iPhoneにはユーザー辞書という機能がついているのをご存知でしたか?よく使う単語や定型文な... この記事では、MacのUSキーボードで日本語入力に切り替える方法を解説します。実は一部制約は... Googleのキーボードアプリ「Gboard」をご存知ですか?キーボードアプリ「Gboard... あまり利用している方は少ない「半角カタカナ」ですが、Macでネットのフォーム入力画面などで、... Simejiアプリでお気に入りの写真や動画をiphoneやandroid端末のSimejiキ... 複数回タップ操作を繰り返さなければならないので、文字入力の効率は悪くなってしまいます, フリック入力のように、目的の文字にたどり着くまでタップ操作を繰り返さないため、入力速度が速くなります, ガラケーでは、キーを何度も押して切り替える操作が基本です。それに対して、iPhoneではキーをタップ/フリックして切り替えます, 使わないキーボードを削除すると、「地球儀」キーをタップする回数が減らせるため、キーボード切り替えが効率的に行えるようになります, iPhoneでは、英語以外にも中国語や韓国語・フランス語など、60ヵ国以上の外国語用のキーボードが使えるようになっています, iPhoneのキーボードの不要な入力補助機能をオフにしたい場合は、設定アプリを使います, 英単語のスペルチェックを自動的に行い、綴りが間違っている場合に修正するための入力補助機能, キーボードから「-」キーを2回入力すると「―」、「'」を入力すると「''」に自動的に変換するための入力補助機能, 「フリック入力のみ」という設定をオンに変更すると、数字・アルファベットの入力切替が1回のタップで行えるため、文字入力が効率的になります, iPhone、iPad、iPod touch のキーボード設定について - Apple サポート. ※iPhoneで削除したキーボードは後から復活する方法は、次項の「iPhoneのキーボードを追加する設定方法」をご覧ください。, iPhoneは、デフォルトで「日本語(かな)キーボード」「絵文字キーボード」「英語(日本)キーボード」の3種類を「地球儀」キーで切り替えて使うように設定されています。不要なキーボードを削除すれば「地球儀」キーをタップする回数が減らせます。 iPhone フリック入力のコツや知識のまとめ 連続で同じ文字を入力する. フリック判定幅. iPhoneは携帯電話ではあるものの、キーボード操作に関してはガラケーよりもPCに近いイメージです。, iPhoneのキーボードを切り替える時は、「地球儀」キーを使います。iPhoneのデフォルト設定で切り替わるキーボードは、「日本語(かな)キーボード」「絵文字キーボード」「英語(日本)キーボード」の3種類です。 登録していた文字が一瞬で入力される! これに住所や電話番号など、よく使うものもろもろを入れておくと、入力がずいぶんと楽になるはずです! 4.「片手キーボードPro」でフリック入力が楽に. フリック入力とはボタンを何回も押さなくても、指を触れて上下左右のどれかに滑らせることで狙った文字を入力できるというものです。 iPhone フリック入力のコツや知識のまとめ 連続で同じ文字を入力する. いかがでしたか?今回はiPhoneのキーボードの基本的な使い方から設定方法までご紹介しました。ご自身の使い方に合わせた設定を行えば、より快適にiPhoneで文字入力が行えます。ぜひ、本記事を参考にして設定を見直してください。. フリックガイドを表示. iPhoneの文字入力の基本「フリック入力」 フリック入力はAndroidでもお馴染みのものですが、ガラケーから乗り換えた方を想定して最初に説明します。. 英語(日本) qwerty. 「プレーンテキスト(plaintext)」というものがどういうものか知っている人、知らない人といると思います。聞いたことはあるけれど「プレーンテキスト(plaintext)」... カーオーディオのイコライザーの設定、「パーフェクト(Perfect)」の状態にできるのであればしたいですよね。イコライザーの設定を最強の「パーフェクト」にしたい場合、どう調整... Steamなどで、WindowsなどのPCで遊べるゲームをしようとする際、PCのスペックが合っているかを確認するのに利用される「Can You RUN it」。この記事では「... 無料で利用できる画像アップローダー「イメピク」をご存知ですか? イメピクを利用することで、画像や写真をURLなどで共有することができるため、5chなどでよく利用されています。... Amazonを利用している時に「お支払い方法時の情報を更新してください」と変更の必要がある文面が表示されることがあります。この場合、Amazonの支払い方法の変更が必要なので... Windows10のバックグラウンドプロセスには、たくさんのプログラムが存在していますが、その中に「YourPhone.exe」というものがあります。「YourPhone.e... Windows10にローカルアカウントを登録してある場合など、そのユーザーを標準ユーザーから管理者権限があるユーザーへ変更したい場合があると思います。Windows10に登録... 見た目もかっこいいダークモードをWindows10で利用したい、と考える人も多いでしょう。Windows10でダークモードにカスタマイズするためにはどうしたら良いのか、デスク... 画面キャプチャを動画としてでではなくGIFアニメとしてしたいこともあると思います。「ScreenToGif」と言うソフトではそれが可能ですので、「ScreenToGif」を利... パスワード付きのZipファイルのパスワードを忘れて困った際に便利なソフトに「Pika Zip」というものがあります。総当たりでZipファイルのパスワードを解析してくれる便利ツ... 「OneDrive」ではファイルやフォルダの共有ができますが、そのOneDriveで共有しているファイルのリンク解除方法を知りたい人もいるかと思います。OneDriveで共有... アプリゲームのグランブルーファンタジー略してグラブルを利用していて動作が重いとき、軽くする方法があります。重いグラブルをPC・スマホで動作を軽くする設定はいくつかありますので... Windowsでは、Windows HelloのPINでログインできますが、この設定をしたくない人もいるでしょう。Windows10 HelloのPINを設定したくない人向け... Windowsで小さい画像を見たとき拡大すると画質が荒くなります超解像ソフト「waifu2x-caffe」を利用すれば、そういった画像もきれいに拡大して見ることが可能です。こ... 便利にファイルのダウンロードができるTorrentファイルですが、その使い方とはどのようなものか知りたいという人も多いはず。Torrentファイルの使い方やおすすめのTorr... 格安SIMを利用している人のうち、色々ある中からLINEモバイルを選択して利用している人も少なくないでしょう。そのLINEモバイルで電話やネットワークが繋がらないという人向け... Torrentとは何を示すのか分からない人も多いでしょうし、名前は聞いたことはあるものの危険性/違法性の話程度しか知らない人もいるでしょう。Torrentとは何なのか、仕組み... パソコンを利用時、NumLockが入ってしまう、逆に解除されてしまうことでキーボードで思ったような入力ができないことがあります。テンキーの入力を切り替えられるNumLockの... 漫画のファイルを見ようとしたとき、そのデータが画像ファイルばかりのときに便利なのが「Leeyes」です。この記事では「Leeyes」のインストール方法や使い方、便利なプラグイ... 外でWi-Fiを利用したい人におすすめの「FREE Wi-Fi PASSPORT」は、元々は訪日外国人向けのものではありますが、日本人でも使えるのか考えた人も少なくないでしょ... iPhoneのキーボード設定方法!フリックのみに設定するには?のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。. フリック入力とは、スマホの画面に表示されたキーボードを上下左右に弾いて文字を入力する方法。従来のケータイ打ちと比較して、使い勝手やメリットなどに触れながら、文字入力の基本操作や便利な豆知識をご紹介します。 日本語ーかな フリックのみ. ※iPhone本体の「サイレントスイッチ」がオンになっている場合は、サウンドの設定に関わらず操作音は鳴りません。, キーボード入力時の音を消す場合は、iPhoneの設定アプリから、「サウンド」をタップします。, iPhoneでは、ユーザーの入力を変換学習して記憶しています。よく使う個人名の漢字や文節などが先頭の数文字を入力するだけで、変換候補として表示されます。 LINEやTwitter・InstagramなどiPhoneで文字を打つことが多い現代。フリ... iOS 11 以降では、デバイスに内蔵されているキーボードをどの App でも使えます。各種のキーボードを切り替えたり、片手用キーボードを選択したり、他社製のキーボードを使うこともできます。. iPhoneでフリック入力を上達させるための5つのコツと設定をご紹介します。ケータイ時代の入力方式(トグル方式)を卒業して数年が経つというのに、フリック入力がなかなか上達しないというのは、スマホを使い始めてからのあるあるであったりしますよね。 アプリ. … テンキーボードでは"フリック入力"という入力方法が使えます。 フリック入力とは、テンキーに配置された「あ行」の上下左右に「い行」~「お行」が配置されており、「あ行」の文字から任意の方向にスライドすることで「い行」~「お行」の文字を入力します。 端末からSimejiアプリを起動し、「設定」→「その他の設定」→「フリックガイド」をONにします。 キーボードを表示した際に各テンキーの上下左右に入力ガイドが表示されます。 Last Update:2015.10.29 カギカッコはフリック入力で簡単に入力 できます。 テンキーボードの「や」の箇所で、左にフリックすればかっこ開きの部分が入力でき、右にフリックすればかっこ閉じの部分が入力できるの … ガラケーとスマホを比べた際、まず見た目に大きく異なることがわかるのがキーボード(ボタン)の有無でしょう。 ガラケーの場合は、テンキーと呼ばれる物理ボタンが並んでいますが、ほとんどのスマホにはこれがありません。 では文字入力はどうするのかというと、画面上に表示されたキーボードをタッチして行ないます。 キーボードのデザインは、ガラケー同様のテンキータイプ、そしてパソコンのキーボード同様のフルキーボードタイプの2種類が一般的です。 テンキータイプは直接ひらがなから文 … Copyright (C) 2021 LOVE-iPhone All Rights Reserved. 設定>一般>キーボード>キーボードのページで. iPhoneの文字入力の基本「フリック入力」 フリック入力はAndroidでもお馴染みのものですが、ガラケーから乗り換えた方を想定して最初に説明します。. iPhoneで文字入力する際に使用するフリック入力機能がおかしい、入力できない、感度が悪い、反応しない、固まる(フリーズ)などiPhoneフリック入力の不具合はこの記事で対処法を確認しましょう!フリックが効かない・使えないというトラブルは結構多めのようです。 ネットワーク. iPhoneでは「あ」という文字を連続で入力しようとして「あ」を連打すると「あああ」とならず「あ→い→う」と入力する文字が切り替わるだけで文字を連続して入力できません。. オフにする入力補助機能によっては、iPhoneのキーボードの表示が変わります。例えば、音声入力機能をオフにすると、キーボードから「マイク」キーのみが消えます。, iPhoneのキーボードの不要な入力補助機能をオフにしたい場合は、設定アプリを使います。ホーム画面から「設定」をタップします。, iPhoneのキーボードから入力された英単語のスペルチェックを自動的に行い、綴りが間違っている場合に修正するための入力補助機能です。不要な場合はオフに変更しましょう。, iPhoneのキーボードから「-」キーを2回入力すると「―」、「'」を入力すると「''」に自動的に変換するための入力補助機能です。不要な場合はオフに変更しましょう。, iPhoneでタップしているキーの文字を大きく表示するための入力補助機能です。どの文字を入力しようとしているかが分かりやすくなるため、オンにしておきましょう。, iPhoneのマイクを使って、音声入力をするための入力補助機能です。不要な場合はオフに変更しましょう。, iPhoneでフリック入力を行っている方は、「フリック入力のみ」という設定をオンに変更すると、数字・アルファベットの入力切替が1回のタップで行えるため、文字入力が効率的になります。 iPhoneの文字入力に納得のいかない人 「iPhoneの文字入力ってかゆいところに手が届かないんだよなぁ。フリック入力って逆に不便だし…。 まずはiPhone(iPadも同様)のやり方から紹介していきます。( ※Androidスマホのやり方は こちら をご覧ください。 コロン(:)の入力方法. iPhoneで文字入力する際に使用するフリック入力機能がおかしい、入力できない、感度が悪い、反応しない、固まる(フリーズ)などiPhoneフリック入力の不具合はこの記事で対処法を確認しましょう!フリックが効かない・使えないというトラブルは結構多めのようです。 iPhoneのようなキーボードでは、iPhoneと同じフリック入力を使いたいもの。従来のiPadのキーボードでもフリック入力は可能でしたが、日本語入力を分割表示した状態でキーボードと予測候補が別に表示される変則的な状態でした。しかし、iPad OSでは フリック入力とはボタンを何回も押さなくても、指を触れて上下左右のどれかに滑らせることで狙った文字を入力できるというものです。 ガラケーからiPhoneに機種変更したばかりの方は使いやすい入力方法と言えるでしょう。しかし、入力したい文字にたどり着くまで、複数回タップ操作を繰り返さなければならないので、文字入力の効率は悪くなってしまいます。 しかし、タップ入力よりもフリック入力の方がより速く文字入力ができます。iPhoneの「フリック入力のみ」をオンに変更して、半ば強制的にフリック入力に切り替えてしまうのも良いでしょう。, キーボード入力をフリック入力のみに限定する場合は、iPhoneの設定アプリの「一般」から、「キーボード」をタップします。, iPhoneでキーボードを使っている時に、「困った」と思ったことはありませんか?例えば、静かな場所で文字入力している時にキーボードの操作音が気になったり、文字入力の候補の中に見られたくない履歴が出てきたり。 ただ、タップ入力と併用している方には不便になってしまいます。当たり前ですが、「フリック入力のみ」をオンに変更するとタップ入力が全くできなくなり、「あ」を何回タップしても入力される文字は「あ」のみになってしまいます。 本記事では、iPhoneの文字入力に関する問題解消の方法を紹介します。また、便利なカーソル移動方法やフリック操作についても詳しく解説。ぜひ参考にしてみて下さい。 もし、iPhoneのキーボードを1種類のみ残して削除した場合にはどうなるでしょうか?「地球儀」キーは、キーボードから消えてしまいます。頻繁に使用するキーボードだけ残せば、「地球儀」キーの切り替え操作自体をなくすこともできるのです。, iPhoneのキーボードを削除したい場合は、設定アプリを使います。ホーム画面から「設定」をタップします。, iPhoneでは、英語以外にも中国語や韓国語・フランス語など、60ヵ国以上の外国語用のキーボードが使えるようになっています。これらの英語以外の外国語キーボードはオフになっていて使えません。キーボードを追加して使えるようになります。 iPhoneのキーボードは初期設定では、数字とかながフリック入力、ローマ字はパソコンでもお馴染みのQWERTY配列になっています。フリック入力は、タップしたキーを上下左右にずらすと違う文字になる仕組みで、「あ」をタップしながら左で「い」上が「う」右が「え」下が「お」です。 「フリック」は「弾く」という意味があります。楽器を弾くようにパパパッとフリック入力が使いこなせるようになりたいものです。, iPhoneのタップ入力は、従来のガラケーに近いキーボードの使い方です。例えば、「あ」のキーを2回タップすると「い」、3回タップすると「う」というように、タップした回数だけ「あ」~「ぉ」まで順番に文字が切り替わります。 iPhoneのようなキーボードでは、iPhoneと同じフリック入力を使いたいもの。従来のiPadのキーボードでもフリック入力は可能でしたが、日本語入力を分割表示した状態でキーボードと予測候補が別に表示される変則的な状態でした。しかし、iPad OSでは iPhoneを人に貸す前には、情報を守るためにも変換学習をリセットしましょう。, 変換学習をリセットする場合は、iPhoneの設定アプリの「一般」から、「リセット」をタップします。, リセット項目の一覧に戻ったら、変換学習のリセットが完了です。 「フリックのみ」オプションを有効にするには、「設定」アプリ→[一般]→[キーボード]で[フリックのみ]をオン にするだけ。 [フリックのみ]を有効にしておけば、「あああ」などの連続した文字も入力しやすくなりますが、フリック入力しかできなくなる点は注意が必要です。 1.6 キーボードをタップできない・表示されない; 2 iPhoneの文字入力 が ... フリック入力ができない . onにするとキーを押した時にフリックガイドを表示し、offにすると何も表示しません. 「日本語キーボード」かな/ローマ字の違いは、キーのレイアウトがテンキーのようになっているかどうかです。, 「英語(日本語)キーボード」のQWERY/AZERTY/QWERTZは、キーのレイアウトは同じですが、キーに割り当てられているアルファベットが違います。, iPhoneでは、文字入力を快適に行うための入力補助機能がいくつか用意されています。例えば、iPhoneで英語入力を快適に行うための設定として、自動的に先頭の文字を大文字にしたり、スペルチェックをしたりする入力補助機能があります。 これは、「ソフトウェアキーボード(画面上に表示されているキーボード)だからこそ」と言える機能です。フリック入力のように、目的の文字にたどり着くまでタップ操作を繰り返さないため、入力速度が速くなります。 iPhoneでは「あ」という文字を連続で入力しようとして「あ」を連打すると「あああ」とならず「あ→い→う」と入力する文字が切り替わるだけで文字を連続して入力できません。. iPhone. Android. 今回は「iPhoneでフリック入力しか使わない人は “フリックのみ” に設定しておくと何かと便利」という知識です。 今や片時も手放しせない人も多いスマホのことですから、もちろんみんな知っているとは思いますが、万が一知らない人がいた場合のために、 おさらいしましょう。 フリック補助モードを使う. iPhone・iPadの場合. キーボードを数字入力モードに切り替えてから「7」を4回連続でタップすればコロン(:)を入力できます。 フリック入力に慣れるまでは、指をどの方向に動かせば、目的の文字が出てくるのかを覚えるのが大変です。でも、しばらくすると指が自然と動くようになります。是非フリック入力の使い方をマスターしましょう。, 初めてiPhoneを使い始める時、一番戸惑うのは文字入力かもしれません。ガラケーでは、キーを何度も押して切り替える操作が基本です。それに対して、iPhoneではキーをタップ/フリックして切り替えます。 今回は私がiPhoneでやっているフリック入力の方法をご紹介します。母音の仕組みさえ分かってしまえば、スマホではこれが1番早く打てる気がします。合成母音の仕組みにまだ自信のない方は、横にテキストを置いておきましょう。スマホのハングル入力設定がまだの方は、まずは設定して下さい。 「iPhone 7」を購入した時にした設定。 家族が「ipad touch」や「iPhone 6」を 持っていたりします。 「ipad touch」や「iPhone 6」を購入した 時には問題なかった入力についてです。 「iPhone7」を使用した時につまずいた事 があったので記事にします。 50音でしか入力できません。 英語は問題なくqwertyです。 Windows. また、キーボード操作をせずに、音声を使って文字の入力を行う入力補助機能もあります。, とても便利なiPhoneの入力補助機能ですが、人によっては不要な機能があるのも事実。ご自身の使い方に応じて、不要な入力補助機能はオフにしてしまいましょう。そうすることでiPhoneの文字入力操作がより快適になります。 ある程度iPhoneに慣れてきたら、次にご紹介するフリック入力を使うようにしましょう。, iPhoneのフリック入力は、キーボードのキーの上で指を滑らせて入力する使い方です。例えば、「あ」のキーの左は「い」、右は「え」。上は「う」下は「お」の入力となります。従来のガラケーとは全く異なる使い方です。