エフェクト成分によって、ステレオインステレオアウトの方が 理解していないといけませんので関連する事項を少し解説します。 ギターアンプって本当に要るのかな? ギター本体はあるけどアンプは持っていない。ライブの予定などまだ先で、練習するだけだからアンプはまだ早いんじゃないか、とお考えの人もいらっしゃるかもしれ … あまり大きな音が出せない:1〜15W 2. 楽器・演奏 - ライブで例えばスピーカー1発のコンボアンプをマイキングしてPAから音出す場合、結局複数の媒体から音が出ているということでいわゆるステレオになってしまうんですか? となるとプロがライブで 【ギター】van dammeケーブルか、はたまたneutrikプラグか、その組み合わせからなのか、なんともprsらしいサウンドのケーブルです。出音は大きく、艶っぽいサウンド、分離の良さ、prsの名を冠したケーブルに恥じない、高級感が音にも現れています。 戻ってくるリバーブ成分が左右同じで、中心に定位されると思います。 ダンス変換装置」とでも言えます。 アコースティック・ギター本来のふくよかな音色をライブ演奏で再現する高性能プリアンプ 失われがちなギターの弦や胴体部の響きを豊かに再現する「アコースティック・レゾナンス機能」を搭載 2系統の … 「バッファーをかませる」と言う行(くだり)は、バッファーが何の役割をするのか?を正しく  原音→原音2分岐→左チャンネルのリバーブユニット→左出力 出力インピーダンスが高いと他の不都合もあります。  ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。 エレキギターを弾くときの必需品である「ギターアンプ」。歪んだサウンドを鳴らせたり、あたたかみのあるサウンドを鳴らせたりとメーカーやモデルによって個性があります。そこで今回は、ギターアンプのおすすめをご紹介。選び方も詳しく解説します。 それとも1発以上のスピーカーキャビの全てのスピーカーをマイキングして出すサウンドをステレオというのでしょうか? ではそれぞれの短所は?, 「アンプ ローランド」に関するQ&A: YAMAHAとRolandの電子ピアノについて. このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。 以下は余談: (2)シールドはなるべく良い物で短く使う。(電気ノイズ対策) . ・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。 PS:それからプラグを付ける事による音質劣化などはあると思いますか? 2.プリアンプ いずれにせよ・・マーシャルのパワー部+スピーカを使うとなると相当くせがありそうですから、GT-8をプリ部として使う際の音作りは、スタジオで結構時間がかかるかもしれませんね。パワー部をあげると、プリ部での音質の補正が必要になったりして・・。, 実際に試すのが一番でしょうけど・・・  ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。 今まで意識した事が無かったけれど私が使っているのはモノラルなのだろうか? PUはEMGなどから販売されていると思います。 その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。 ライブハウスやスタジオでは大定番のRoland JC-120はスピーカーが2本ついており、実際搭載エフェクターのコーラスはステレオ仕様。 しかし、そもそも入力がモノラルなので割り振るといったことはできません。 その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。 >歪みの前にブースターを繋いでメインの歪みをブーストさせているのですがノイズに困っています。 q ギターサウンドのモノラルとステレオ. という点については、まぁ敢えてそういう設定にするのは有りですが、普通は逆に「リバーブが中心に定位されることなく、(ステレオ音源でも)よりリバーブ成分が音場一杯に広がる設定にするのが普通」だと思いますけどね。 は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。 具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、 となるとプロがライブで出しているサウンドはすべてステレオと考えていいのでしょうか? 2)ブースタ回路内で発生したノイズを、アンプのプリ部がノイズごと増幅 とてもショボイ音になります。また、LIVEの本番ステージで「電池切れで音が出ない!」ということも 今まで意識した事が無かったけれど私が使っているのはモノラルなのだろうか? なので、「とにかくノイズを減らしたい(まずはノイズゲートは後回し)」という観点で考える時は、どこのノイズが最も対策を要するかを、まず考えなきゃならんです。 但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。 <バッファーの意味> 参考まで。, こんにちは。 ギターが2人いて、ギターAは左端、ギターBは右端…なんてのをライブでそのとおりステレオにしたら、会場で左側スピーカ前の人はギターAだけ、右側スピーカ前の人はギターBだけしか聞こえなくなってしまうでしょ。 そんなバカな事はできないです。 . 例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。 ギターアンプについて質問です。 モノラルですか?それともステレオですか? badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。 この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。 (4)シールド・ケーブルは良い物を使い、なるべく短い物を使う。 2)ブースタ回路内で発生したノイズを、アンプのプリ部がノイズごと増幅  ↓ 好きなように音量を調整する。 (一応、確認しているのですが、一般論を求めています。) 通常は「ロー出し:ハイ受け」と言って、出力側のインピーダンスを低い値で出し、入力側の 静かな場所でアンプを通さないアンプラグド演奏で、音が聞こえるなら大丈夫ですが、駅前や街中の喧騒の中で弾き語りをする人ならギター・アンプは必需品。都会の街中で演奏したいストリートムージシャンにオススメのエレアコ・アンプ / ストリートライブで使えるアンプ等を紹介します。  レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。 参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/other/contrllr/index.html, 小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。) ※商品のリンクを貼れれば良いのですが問題になってもいけないので興味のある方は   色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで バッファーとは「物と物の間が衝突や不和の状態にある場合、それを緩衝する(和らげる)」と てなところです。 ギターとベースだと少し異なると思いますが、参考にしてください。  ↓ インピーダンスが違います。 しかし商品欄に「モノラル標準ジャック⇄モノラル標準Lプラグ」と書いてあるのを見て 1)ギター~ブースタ入力部までで発生したノイズを、ブースタがノイズごと増幅 スタジオで使用する:35〜100W だいたいこのように覚えておけば大丈夫です。 最近のギターアンプでは0.5W/1W/5W/30Wと「出力を切替できる機能」を搭載したアンプも存在します。この機能 … 背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 ちょっと質問に対して「真正面」ではない意見になりますが、MONO INかSTEREO INか…というのは、使い方と機器の仕様(もちろんプラグインの仕様も含む)次第ですねぇ。 ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。 と疑問に感じました。 最近は小型の真空管アンプも増えてきています。 ギターアンプについて質問です。 したいので変換プラグの購入を検討しています。 というのは、Vo等のモノラル音源をリバーブ通してステレオアウトするにしても、私の『流派』の常識としては、リバーブ成分は単純に2分岐するわけではなく左右の設定は変えるのが普通です。つまり、右のリバーブ音と左のリバーブ音は同じにはしないのが基本…ということです。 3.パワーアンプ (細かい経歴は、プロファイルを参照してください) . 質問者の身で、こんなことを言うのもなんですが 今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。 今回はライブでの使用を検討しています。, 小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。) など、切が無い(?)ほどです。 バランスの方がノイ...続きを読む, お知恵、考え方を頂ければと思います。 何卒、宜しくお願いします。, こんにちは。 ごく私事ですが、この方面でド初心者の頃、とある機器のノイズを劇的に下げるのに、結果的には数百円の部品代で済みましたが、その原因を自分で学ぶのに1万円近い書籍代と数ヶ月の時間が必要でした(^^ゞ おかげで良い経験と一生物の知識と技術が手に入ったと思えば、自分的には安い物でしたが(^^ゞ 低く(ローに)なり、シールドに伝わる音声信号が電気ノイズ等に強くなるワケです。アクティブ 空間系エフェトは、モノイン、ステレオアウト(エフェクターからみて)が一般的ですか? 1)ギター~ブースタ入力部までで発生したノイズを、ブースタがノイズごと増幅 そこで質問です。一般的によく使われているシールドって  ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。.  サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。 どなたか、どうぞ宜しくお願いします。, 素人PA屋で、録音もDTMも囓っておりますが… そこでノイズゲートの購入を検討中なのですが、もっと安上がりでノイズは消えないのでしょうか?  ↓ 音量はとても小さい。 ご質問の趣旨が「音痩せ(音劣化)対策」であるならば、以下の回答になろうかと思います。 >歪みの前にブースターを繋いでメインの歪みをブーストさせているのですがノイズに困っています。 <ノイズ 対策> AUXリターンでステレオIN。 これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。 ※DIは、ベースの音痩せを防ぐための機器ではありません。 もうひとつは、特にライブ使用時に関し、上位機種を検討すべき場面に関してです。 使用可能なギター、確認が必要なギター. >ステレオチャンネルとかステレオ素材の場合は、戻ってくる 私が所持しているシールドは「ストレート⇄ストレート」タイプになりますが片方だけ「L字」に 実際、ステレ...続きを読む, ボリュームペダルはなんとなくわかるのですが、 その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。 インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。 一般的なワイヤレスと違い、Relay G10は充電の仕組みの関係上、音が出ないギターが存在します。 問題なく使えるギター 以下は余談: 本当に大まかです。 それではシチュエーション別にご案内! と行きたいところですが、その前にAE-10の出力端子について確認しておきましょう。 AE-10の出力([PHONES/OUTPUT])はヘッドフォン出力とライン出力兼用です。 ローランドさんに確認をしましたが、出力部の仕様は「非公開」とのことで詳細情報は残念ながら得られませんでした。 AE-10の出力[PHONES/OUTPUT]はステレオフォンという仕様です。 AE-10の内蔵音色はステレオで音作りがされていますので、正しく出力するためには、左右の音を別々に取り出さ … ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。 ご存知だと思いますが、バッファを組み込んだアクティブ回路のPUは、低インピーダンス値でロー という場合一つ取っても、あくまでも大まかに分けて 7月、ステレオキッチン初アルバム「Welcome to my kitchen」を発表。ステレオキッチンレコ発+解散ライブを八王子パパビートにて2DAYSで開催。 10月、ウタイストオリジナルシングル「Red」を発表。「ウタイストレコ発秋巡業」として郡山、川越、札幌を回る。 私が使っているシールドの詳細です。 つまり「バッファー」は音痩せ対策のための機器ではなく、インピーダンスの不和を緩衝(調整)した    これができていない人が多いですネ。物理的に「鳴らないギター」は、どんなにエフェ が、  ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号 教えてください。 (CANARE PROFESSIONAL CABLE G03) >場合にくらべて、少ないような気がします。 JCM900をちょっとあげて、GT-8を下げて、同じ音量になるように・・。 PUをアックティブ化するとバッファ回路が組み込まれます。ギターからの出力インピーダンス値は ということで、もしかしたら昔の私のように、数百円の費用で劇的にノイズを低減できる方法があるかもしれませんが、まずは主要なノイズの発生位置の確認と、あと、他人がアドバイスするとなったら、使用ギター、エフェクター、アンプ及び接続順の情報は必要ですね。 いうのが本来の意味です。 パソコンと音をやり取りするオーディオインターフェイスは、音の出入り口としてシステムの中心を担う重要な機材です。あなたの制作スタイルや目的用途に合った最適な製品をお選びください。 ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。 ベース暦:40年の経験から言いますと、ベースは特に「太い音」「芯のある音」を追求しますので、 どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。 (2)物理的に「鳴る」ように、セッティング・調整を怠らない。 何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。 サイトリンクでも内容が合っていればOKです。    直列でつなぐ個数を減らすためには、スイッチングで並列にし、チューナーを別系統に こちらもオススメ! 低価格のワイヤレスイヤモニX-Vive XV-U4 ステージ上でのモニタリングを別次元に!これがあれば気持ちよく歌えます! パッと見ると、普通のギターのワイヤレスシステムに見えちゃいますが、ギター用だと通常送信機当たる側に、イヤホンが刺さってますね! ミキサーからモノラルアウトして、 我が家のステレオの横のレコードホルダーには、「それゆけカープ」と「赤ヘル数え歌」に加えて、なぜか何枚かのlpが置いてありました。. 15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。 (2)シールド(ケーブル)は安物は使わない。また、可能な範囲で短く使う。 そのうちの1枚が上の写真の「サンタナ ライブ イン ジャパン」だったのです。. ライブで例えばスピーカー1発のコンボアンプをマイキングしてPAから音出す場合、結局複数の媒体から音が出ているということでいわゆるステレオになってしまう … . ちなみにアンプはマーシャルJCM900です。マーシャルはレベルを上げたほうがアンプの性能をよく引き出せると聞いたことがあるのですが、この場合はどうなんでしょうね。 <インピーダンスとノイズ> ギタリ...続きを読む, ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。 行くと電気ノイズに弱く、いわゆるハイ落ち等の現象が出てきます。 つまり、出力側のインピーダンスを低くするための機器がバッファーで、言うなれば「インピー エクスプレッションペダルは、エフェクターやシンセの内部パラメーターを変えるだけですから、音質にはあまり影響しません。 ライブで例えばスピーカー1発のコンボアンプをマイキングしてPAから音出す場合、結局複数の媒体から音が出ているということでいわゆるステレオになってしまうんですか? 2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか?  しかし、音が薄くなるとかイロイロな噂を聞くのですが、実際はどうなのでしょうか? なお、ノイズゲートについて「ノイズ低減効果の良し悪し」だけを考えれば、最近の機種ではデジタル式の方が優秀です。個人的には、10年以上前のアナログ式ノイズゲートより、現代の数千円のマルチエフェクタに内蔵されているノイズゲートの方が、ノイズ低減効果は遙かに高いと感じています。ただ、それと「音色に与える影響」は、また別物ですけども。, ちょいと順番が違いますが、 大体、察しは付いているのですが楽器屋に行って買いもしない商品(シールド)を持って行って になるわけですから、まず A. として、左右のリバーブユニットは別々に動作する使い方が基本かと。 ヴォリュームペダルは信号がその中を通りますから、接点や内部のパーツの質によっては、音のクォリティが下がります。 ライブなど臨場感のあるサウンドを録りたい場合はステレオ・マイク、ギターなど単体の音を綺麗に録りたい場合は(ミキサー経由の)モノラル・マイクが良いでしょう。 ライブハウスのアンプでjc-120を使う時にも応用が効きます。 jc-22とjc-120は扱いが一緒です。 アンプの大きさが変わるだけ。 ギター初心者さんがライブハウスでjc-120となっても怖がることはありません。 自宅での練習を思い出せば良いだけ。 我が家のステレオの横のレコードホルダーには、「それゆけカープ」と「赤ヘル数え歌」に加えて、なぜか何枚かのlpが置いてありました。. 2.プリアンプ    するとか、歪み系と空間系に分けるとかにするのも良いですネ。 「プロ スピーカー」に関するQ&A: タンノイはJAZZやロックは聴けますか?, 「Roland アンプ」に関するQ&A: オーディオコンポのスピーカーをパソコンで使いたいんですが, 自分は今ギター(テレキャス)を改造してるんですが。ジャック部分にモノラル用とステレオ用があるんですが、どっちを買ってつければいいんですか? 基本的に私の認識では、 また、アクティブ化すると常に電池の残量を気にしていなければなりません。電池がなくなってくると 何か足りなかったら言ってください。, ちょいと順番が違いますが、 ※市販されている「バッファー」は、ブースターに入っているものが多いため、ブースターを  糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。 ちなみに、私は JC-120(スタジオに必ずあるRolandのやつ)のreturnにつないでやってたことがありますが、こいつは、Returnにつなぐと、全くVolumeコントロールはできません。Power部のlevelは無いんですね・・。Returnに挿した機材側のoutput-levelでしかVolumeが効きません。  ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号  復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。, 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。 質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、 パッと見ると、普通のギターのワイヤレスシステムに見えちゃいますが、ギター用だと通常送信機当たる側に、イヤホンが刺さってますね!, そう!この商品はステージ上でイヤホンでモニターする、よくテレビとかで見るプロが使っているモニターシステムなんです!よくテレビとかで見かけるものは、A帯の電波を使っており、使用する場合免許が必要になるものでしたが、こちらのPSM300はB帯を使っているので、一般の方でも使用が可能なのです!, 送信機の入出力はこんな感じです。そうです!2CHのINとOUTがあるんです!この商品のもうひとつのポイントがこの2chのインプットに対応している点です。B帯で2ch分の送信をするのが今までは技術的に難しかったそうです。しかし、Shureがその技術開発に成功!, 当然、ステレオの音源をそのまま出力しても良いのですが、これはプロの方でも結構難しいそうです。ですので、オススメの使い方としては、CH1に楽器のミックス、CH2にボーカル音などで分けて入力して, 受信機側のコチラのツマミで、CH1の楽器音と、CH2のボーカル音のボリュームバランスの調整を行うという使い方。手元でボーカルとオケの音量調整が可能です。, PAさんに、「ボーカルもうちょっと上げてー!!」とか言うやり取りが、手元のツマミ一つでイッパツ解消ですね!, さらに、受信機はいくらでも増やせるんです!ワイヤレスマイクなどで、マイクを増やすと混信して音が出なくなる事が多いのですが、受信機側はただ送信された電波を拾うだけなので、いくらでも増やせるそうです。, 通常このようなモニター環境ですが、各パート用にモニタースピーカーを用意し、当然アンプも必要になりますね。, PSM300の受信機を増やして、バンドみんなで使う事でこんなにすっきり!モニター用のスピーカーの音を拾ってハウリング。何てこともかなり減って、他のモニターの音がうるさくて自分のモニターが聞こえづらい。なんてこともなくなりますね。これなら、48人くらいのグループでも全員で同じモニター環境でライブができそうですね!実は、イヤホンでモニターした方が耳を傷めづらいので、難聴などにもなりにくいのです。, もし、違ったバランスのモニターが欲しいという方がいる場合は、送信機を増やして、ミキサー側で(別々のバランスで出力できるアウトを多く持ったもの)別のバランスにしたアウトプットを、別の送信機で出力してください。送信機は最大6波まで拡張可能です。, ちなみに、ワイヤレスマイクと併用する場合は、SHUREのGLXシリーズがオススメです!, 低価格のワイヤレスシステムとの併用だと、複数台使用する事ができないので、充電式でデジタル2.4GHZ帯の途切れにくいGLXシリーズがオススメです!, バンド単位でライブ時PAさんにモニタースピーカーに送るケーブルを送信機に刺してもらうだけで快適な環境でのライブが行えそうですね。もしくは、ライブハウスで用意していただく事で、モニター環境が大幅に改善する事はもちろん、観客の方への音響も大幅にすっきりさせる事ができそうです!, さらにモニター環境をよくする為には「モニターイヤフォン」にもこだわる事をオススメします!, 【モニターイヤフォン】プロの歌手も使ってる!ライブで必要な遮音性に優れたインイヤーモニター!, ご購入の際や、商品の専門的な知識などを聞きたい場合は担当の阪口宛に、営業時間中に上記お電話番号へご連絡下さい。ご指名が無い場合、電話に出たものが担当になります。遠方の方は代金引換での着払いなども承っております。商品代金と代引き手数料、送料の合計金額を受け取りの際に運送業者へお支払い下さい。現金、もしくはクレジットカードでのお支払いが出来ます。, ライブで自分の声が聴きづらい。そんな悩みを解決します!ステレオワイヤレスイヤモニ『PSM300』. 【比較動画】気になるマイクが全て視聴できます!展示中のマイク全機種を比較できる動... 店頭に展示中のマイクを動画でチェックしてみてください! みなさんこんにちは!島村楽器梅田ロフト店では現在展示中のハンドヘルドマイク、全機種の試奏動画を公開中!... 良い音で聴く。それは最後のフロンティア。 「良い音で聴くということ。それは哲学であり、ロマンであり、求道であり、夢…。」 こんにちは!!11月は大きい買い物を... こんにちは。DTMスタッフの南です。 昨今配信やレコーディングが一般に浸透するようになり、様々なお客様がマイクの購入を検討されています。 でもコンデンサーマイ... 島村楽器梅田ロフト店お得意様アーティストレビュー!【ヒューマンビートボクサー、S... Loopstationを使うヒューマンビートボクサーとして世界で活躍中の若き天才、SO-SOさんの楽曲制作はこうして作られている! いつも島村楽器梅田ロフト店... 【ヘッドフォン】Sony MDR-CD900STが今もスタジオで使用されているの... 島村楽器梅田ロフト店の南です。 今日は、モニターヘッドフォンの定番、Sony MDR-CD900STについてお話したいと思います。 1989年に発売されてから... 予算は「10万円」担当者が本気で選んでいきます!! 10万円以内でモニタースピーカーの五老星!!担当西岡が選びました!!今回ご提案するものはモニタースピーカー... 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。. よって、パッシブPUのベースは、DI(ダイレクト・インジェクションBOX)を介し、インピーダンス値を ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。 この場合、リバーブをかける素材がVOなどのモノラルであれば モノラルですか?それともステレオですか? . Kb以外の人はあまり使ってないようですね。特殊なエフェクトを使う場合には重宝するかもしれませんが、ワウぐらいしか思いつきません。 OKなんですが、ステレオチャンネルとかステレオ素材の場合は、 実際スタジオで使ってみたりもしていますが、 「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」 「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」