お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, ベンゼンにおいて、HがSO3HやNO2に置換し、水が発生する方法にはスルホン化やニトロ化という反応名, ダニエル電池では亜鉛と銅を使い、亜鉛の方がイオン化傾向が大きいため亜鉛が溶け出しますが、イオン化傾向. ちなみに実験のテキストにあった問題です。どうしてもわからなかったので質問しました。, >分液ロート中乾燥剤を入れる 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べるのは大変なので ΔG=ΔG゜+RTlnK 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。 つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか? |a|/√(h^2+k^2+l^2)  (6) !トルエンやフェノールをニトロ化したらニトロ基が3つまでしかくっつかない理由をおしえてください!! 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む, オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。, w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。 ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 それを補足してください  尤もその過程で答えが判るかと思います, 吸光度の単位は何でしょうか!? いうのはわかりますが、濃硫酸は触媒としてどんな働きをしているので トルエンとベンゼンではどちらがニトロ化されやすいのでしょうか?その証拠と理由を教えてください。トルエンの方がニトロ化されやすいです。ニトロ化は芳香族環への親電子置換反応なので、ベンゼン環の電子雲濃度が高い方が反応しやすく ここにOAの長さは√(p^2+q^2+r^2)=|t|√(h^2+k^2+l^2)なので、これを(5)に代入して 参考ページ: 基礎中の基礎です。しかし混乱してます 質問:そもそも上記の考え方にどこかおかしいから悩んでいるので、指摘していただけたら幸いです。, お願いします。 トルエンとベンゼンではどちらがニトロ化されやすいのでしょうか? p=ht, q=kt, r=lt  (4) 反応が進みにくくなります。 原点Oから法線ベクトル(h,k,l)の方向に進み、平面(2a)とぶつかった点をA(p,q,r)とします。 きる原因としてCH結合との超共役を述べている。, 出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』, 「-Cなんとか」の「なんとか」部分の電気陰性度, マルコフニコフ則とザイツェフ則, なぜ、ザイツェフ則がなりたつのか, 高等学校化学I/芳香族化合物/芳香族炭化水ç´, https://ja.wikibooks.org/w/index.php?title=高等学校化学II/有機化学の発展知識&oldid=132218, アップロード(ウィキメディア・コモンズ), クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス, このページの最終更新日時は 2019å¹´1月21日 (月) 04:42 です。. !トルエンやフェノールをニトロ化したらニトロ基が3つまでしかくっつかない理由をおしえてください!!! ニトロ化するとき、濃硝酸はニトロ基になっているんだろうなぁと 29.04 炭化水素のスルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体(ハロゲン 化してあるかないかを問わない。) (Sulphonated, nitrated or nitrosated derivatives of hydrocarbons, whether or not halogenated.) (A)スルホン化誘導体 (Sulphonated derivatives) 質問5:ΔG゜=-RTlnKですが、通常ΔGというとみんなこの方法で算出してしまいます。ここで標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGをごっちゃにするとエライ事になりそうですが・・・ このNO2^+がベンゼンと反応します。 しかし平衡は左に偏っています。 質問:「(1)式を証明せよ」と言われたのですが、どうすれば言いかわかりません。やり方を教えてもらえませんか_| ̄|○, 「格子定数」「ミラー指数」などと出てくると構えてしまいますが、この問題の本質は3次元空間での簡単な幾何であり、高校生の数学の範囲で解くことができます。 固体物理の本では大抵、ミラー指数を「ある面が結晶のx軸、y軸、z軸を切る点の座標を(a/h, b/k, c/l)とし、(h, k, l)の組をミラー指数という(*1)」といった具合に説明しています。なぜわざわざ逆数にするの?という辺りから話がこんがらがることがしばしばです。 aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると 濃硫酸を入れると ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・ bokoboko777さん、これでいかがでしょうか。 ニトロベンゼンを還元する方法のことであれば、単に原料を変えて、同様の操作をすればいいんじゃないですか。, 糖はD体、アミノ酸はL体の異性体で構成されますが、異性体のD体とL体の見分け方を教えてください。, 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。 2)はベンゼンへのニトロ化反応で、オルト、メタ、パラ配向の区別は無い(問題14参照)。 OCH2CH3 HNO3 H2SO4 1) HNO3 H2SO4 2) Cl HNO3 H2SO4 3) HNO3 H2SO4 4) NO2 NOH O O HNO3 nitric acid (base) OS O O HOH H2SO4 sulfuric acid (acid) + NO OH H S O OH + O H2O + ONO nitronium ion (1) (2) ONO H N HO O aA+bB⇔cC+dDと言う反応ではモル分圧平衡定数とするとK=([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b) hx + ky + lz = -a  (2b) を得ます。 まず標準自由エネルギー変化ですが を得ます。OAの長さは面間隔dにほかならないので、(3)式が得られたことになります。 hx + ky + lz = a  (2a) 反応が自発的に進むためにはΔGがマイナスでなければなりません。 固体物理の本では大抵、ミラー指数を「ある面が結晶のx軸、y軸、z軸を切る点の座標を(a/h, b/k, c/l)とし、(h, k, l)の組をミラー指数という(*1)」といった具合に説明しています。なぜわざわざ逆数にするの?という辺りから話がこんがらがることがしばしばです。 pをqで割った際の余りをr[1](整数)とする。同様に2pで割った際の余りをr[2]・・・とする。   H2O + SO3 → H2SO4 (No.1の方の回答の硫酸と三酸化硫黄によるスルホニウムイオンの生成という経路を考える 標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 これに平行な、隣の平面の式はどうでしょうか。 あと、ニトロ基がくっつく位置が必ず2,4,6、って位置になる理由を教.. 質 … トロベンゼンやニトロトルエン分解菌に関する研究が積 極的に取り組まれ,分解遺伝子の同定や分解酵素である Dioxygenase のタンパク質結晶構造の解明など,知見が 蓄積している13)。 3. 次に右辺の最小値ですが、最小の正整数は1ですから平面hx + ky + lz = aが格子点を通るかどうかを調べ、これが通るなら隣の平面はhx + ky + lz = aであると言えます。このことは次の命題と等価です。 乾燥剤は どのような乾燥剤 w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。, 高校の化学の段階での質問なのですが : [88-72-2] 融点 −9.3 °C 、沸点 220.4 °C; 参考文献. トルエンのニトロ化(オルト–パラ配向性) [1.5zh] トルエン \2,4,\ 6–トリニトロトルエン}(TNT})} 爆薬の原料} 濃硝酸}\ (触媒\ 濃硫酸})・加熱}ニトロ化 {メチル基{- CH₃}が存在するとき, オルト位とパラ位が容易にニトロ化される. 自由エネルギー変化ΔGについてです d=a/√(h^2 + k^2 + l^2) ・・・(1) 2Rhodococcus 属細菌による微生物分解 3.1. ニトロフェノール 3.1.1. 分液時 液に接する 液とは接しない http://133.1.207.21/education/materdesign/ です。 基礎中の基礎です。しかし混乱してます 質問6:ΔG=ΔG゜+RTln([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)でよく25℃、1atmの濃度や分圧を入れてΔGを出してますが、これはどう解釈したらよいのでしょうか?その濃度や分圧のときの自由エネルギーということ?でもそれなら25℃、1atmの生成ΔGfから算出したΔG゜とΔGが同じにならないとおかしくありませんか? 標準生成自由エネルギーΔG゜とは違います。  にせよこちらで考えるにせよ、重要なのは「反応を阻害する水を生じない」ということ), ベンゼンのニトロ化では50~60℃が最適温度で、アセトアニリドのニトロ化では15~20℃が最適温度でした。この温度の違いはなぜですか?教えてください。, アセトアニリドの方が反応性が高いからです。 ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。 大雑把に言えばミラー指数は法線ベクトルのようなものです。特に立方晶であれば法線ベ...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 さて(hkl)面に相当する平面の方程式を一つ考えてみましょう。一番簡単なものとして p, 2p, 3p,...,(q-1)pをqで順に割った際の余りを考えてみる。 d=a/√(h^2+k^2+l^2)  (3) ΔG゜=0ならばK=1ということです。, >平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは スルホン化は脱水縮合の可逆(平衡)反応なので、反応が進んで水が生じるに従い、 t(h^2+k^2+l^2)=a 化学 - ニトロ化 質問です! 2H2SO4 + HNO3 ⇔ NO2^+ + H3O^+ + 2HSO4^ー 違うと思います。 点と直線の距離の公式を使わなくとも、次のようにすれば求められます。 レン とは ベンゼンにメチル基(-ch 3 )が2つ置換した化合物 のことである。 <証明>p,qは正かつp>qと仮定して一般性を失わない。 平衡は濃硫酸を入れない時より右に偏っているので反応するNO2^+が多い… 平面をhx+ky+lz = C (Cはある定数)と置きます。この平面は少なくとも一つの格子点を通過する必要があります。その点を(x0,y0,z0)とします。 一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。 トルエンをニトロ化させた場合、オルトーパラ配向性である。 よって、o-ニトロトルエンまたはp-ニトロトルエンが出来る。 このような実験事実にもとづき、「CH3はオルトパラ配向性である」という。 オルトパラ配向性とメタ配向性の理由と見分け方をお教えします。このオルトパラ配向性を覚えておく事でかなり有機反応がわかりやすくなります。なのでキッチリオルトパラ配向性を学んでいきましょう! ニトロ化ではオルト・パラアイソマーのニトロトルエンを生成するが、加熱することでジニトロトルエン、最終的には爆発性のトリニトロトルエン (tnt) を生成する。ハロゲン化反応はフリーラジカル条件下でも進行し、そのときハロゲンはメチル基に入る。 h,k,lはミラー指数の定義から整数です。またx0,y0,z0はいずれもaの整数倍である必要があります(∵格子点だから)。すると右辺のCも少なくともaの整数倍でなければなりません。 例題9 トルエンのニトロ化でオルト、パラ置換体が優先して得られる理由を、上記のσ中間体の共 鳴構造を用いて説明しなさい。 トルエンにニトロ基が付加した9 個の構造のうち、下記の枠で囲んだ共鳴構造式が特に安定であ る。 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? たしかこんな感じです。, そもそも、「アニリンと同様」とおっしゃいますが、アニリンの合成法はいろいろとあります。 aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると 内容であれば教えてください。 ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・ *1 (h, k, l)の組が共通因数を持つ場合には、共通因数で割り互いに素になるようにします。例えば(111)面とは言いますが(222)面なる表現は使いません。  D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。(+)-グリセルアルデヒドにD、(-)-グリセルアルデヒドにLを接頭 辞としてつけます。DかLか見分けたい化合物(糖やアミノ酸)に含まれる不斉炭素のうち、IUPACルールにおいて最も番号の大きい不斉炭素の絶対配置がD-(+)-グリセルアルデヒドと等しい場合にD体とし、L-(-)-グリセルアルデヒドと等しい場合をL体とします。因みにD-(+)-グリセルアルデヒドはFischer投影式において、上がCHO、右がOH、左がH、下がCH2OHとなる構造です。 変化量を指標に用いていることは同じですが、標準生成自由エネルギーは、すべての元素が標準状態にあるとき自由エネルギーを0として、それらの単体から生成される化合物を上記の式を使って計算した物です。 OAは法線ベクトルに平行ですから、新たなパラメータtを用いて このことにより、発煙硫酸を用いると、より効率よくスルホン化が行えるというわけです。 *2 左辺はhx+ky+lzでよいとして、なぜ右辺がaまたは-aと決まるのか(0.37aや5aにならないのは何故か)は以下のように説明されます。 質問3:ΔG゜=-Aとすると...続きを読む, >平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは こる。 メタへの配向性を示す置換基にはニトロ基などがある。 ここで言う、ニトロ化反応とニトロ基は何が違うのですか? ¥æ¥­åŒ–学科の学部3年なのですが、教えていただけますか? 「ベンゼンにエチル基がついたもの」から「ベンゼンにメチル基(トルエン)」を合成するには、どのような試薬、反応を利用すればよいのでしょ 宜しくお願いします。, 物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。, ベンゼンに発煙硫酸or濃硫酸を加えると、ベンゼンがスルホン化する反応についてですが、ベンゼンとSO3(三酸化硫黄)を加えると求電子置換反応でスルホン化するのは分かりますが、硫酸を加える理由がいまいちよく分かりません。とても飲み込みが悪い方なので、できれば易しく教えていただければ幸いです。, No.1の方の回答に、補足させていただきます。 聞けませんでした, 理論的には濃硝酸だけでも少しは反応します… Aは平面(2a)上の点でもありますから、(4)を(2a)に代入すると >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? トルエンをニトロ化させた場合、オルトーパラ配向性である。 よって、o-ニトロトルエンまたはp-ニトロトルエンが出来る。 このような実験事実にもとづき、「CH3はオルトパラ配向性である」という。 ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。   C6H6 + H2SO4 ←→ C6H5SO3H + H2O   その証拠と理由を教えてください。, 「電子供与性」に関するQ&A: 日本でF4並みの戦闘機はすでに完全国産できる?, 分液ロート中に乾燥剤を入れるとどのような不都合が起きますか? とえば,ベ ンゼセボロン酸は-20℃ で硫硝酸でニトロ 化すると,オルト:メタ:パ ラの比は22:73:5で あっ て主として,メ タ置換されるのであるが,無 水酢酸中 (-15℃)で 発煙硝酸でニトロ化すると,そ の比は63: 23:14で,主 生成物はオルトになる 。ボロン酸基は 2HNO3 ⇔ NO2^+ + NO3^ー + H2O ΔGは自由エネルギー変化です。 これから隣の平面はhx + ky + lz = aであると証明できます。ただここまで詳しく説明する必要はないでしょう。証明抜きで単に「隣の平面はhx + ky + lz = aである」と書くだけでよいと思います。 t=a/(h^2+k^2+l^2)  (5) をどうぞ。「講義資料」から「テキスト 第3章」をダウンロードして読んでみてください。(pdfファイルです) 参考URL:http://133.1.207.21/education/materdesign/, 「格子定数」「ミラー指数」などと出てくると構えてしまいますが、この問題の本質は3次元空間での簡単な幾何であり、高校生の数学の範囲で解くことができます。 >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? があります。(0,0,0)を通る平面で法線ベクトルは(h,k,l)です。 標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。 大雑把に言えばミラー指数は法線ベクトルのようなものです。特に立方晶であれば法線ベクトルと全く同じになります。すなわち立方晶の(111)面の法線ベクトルは(1,1,1)ですし、(100)面の法線ベクトルは(1,0,0)です。法線ベクトルなら「ミラー指数」よりずっと親しみがあり解けそうな気分になると思います。 ΔG゜が大きな正の値をとるとKは著しく小さくなり、平衡点は原系の方に極端に片寄ることを意味しています。 こさない。 (3)トルエンのニトロ化によりオルト位にニトロ基を導入して、ベンジル位 RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。 質問です! 保管時 >-ΔG゜と同じになるはずですよね? ということです。 -RTlnK=ΔG゜ という関係から ΔG゜が負の時はKが1よりも大きい事を意味し、正の時には、その反応が進まないということではなくKが1よりも小さいことだけを意味します。 つまり、アセチルアミノ基(CH3C(=O)NH-)がo,p-配向性で、芳香環を活性化する作用があるからです。 !あと、ニトロ基がくっつく位置が必ず2,4,6、って位置になる理由を教えてください!!!!おねがいします!! 違うと思います。 とはどのようなこと状態を意味するのですか 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 反応することにより、硫酸となります。 トルエンのニトロ化はベンゼンよりも速い 安息香酸エチルのニトロ化はベンゼンよりも遅い ch3 + hno3 ac2o + no2 ch3 no2 4% 96% c + hno3 ac2o ooch2ch3 + no2 c no2 99.6% 0.45% ooch2ch3 芳香族求電子置換反応の置換基効果①:反応速度 の関係があります。 <命題>p,qが互いに素な整数である場合、pm+qn=1を満たす整数の組(m,n)が少なくとも一つ存在する hx + ky + lz=0  (1) 質問4:そもそもΔGとは何を表現しているのですか?平衡だとΔG=0となる。これはどういうこと? のいずれかです。これがすぐ隣の平面である理由(そのまた間に他の平面が存在しない理由)は脚注*2に補足しておきました。 >-ΔG゜と同じになるはずですよね? となる。 エステル化のような脱水ではないようですし、高校レベルでわかる範囲の ミラー指数を図なしで説明してしまいましたが、図が必要でしたら例えば 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) と求められます。 しょうか? これらの余りの集合{r[n]}(1≦n≦(q-1))からは、どの二つを選んで差をとってもそれはqの倍数とは成り得ない(もし倍数となるのならpとqが互いに素である条件に反する)。よって{r[n]}の要素はすべて異なる数である。ところで{r[n]}は互いに異なる(q-1)個の要素から成りかつ要素は(q-1)以下の正整数という条件があるので、その中に必ず1が含まれる。よって命題は成り立つ。 また、その不都合を避けるにはどうすればいいですか。 質問3:ΔG゜=-AとするとAが大きいほど反応は進みやすのでしょうか?(これ本当に分かりません・・) 先生には触媒だという事がわかれば知らなくてよいと門前払いされ わかる。よって、無置換のベンゼンと比べてトルエンのニトロ化は速く進行し、オルト・ パラ置換体の生成が優先する。 メチル基は、芳香族求電子置換反応の反応性を増大させる。このような置換基を、活 性化置換基 activating substituent と呼ぶ。 アセトアニリドで温度を高くすると、ジニトロ化などの副反応が起こる可能性が高くなったり、反応の制御か困難になったりします。, お願いします。 !ちょっと忘れて 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) 効果(i効果)により、反応性は下がる; 4 アルキルベンゼン(トルエン)はオルト・パラ配向性 ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 点と直線の距離の公式を使えば、題意の面間隔dは原点(0,0,0)と平面(2a)の間隔としてすぐに まず標準自由エネルギー変化ですが このとき、硫酸に三酸化硫黄を溶かした発煙硫酸を用いると、水と三酸化硫黄とが  もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。, 隣接する2つの原子面の面間隔dは、ミラー指数hklと格子定数の関数である。立方晶の対称性をもつ結晶では