いい曲ですので、もしもお気が向けばロシアのボロディンSQお聴きになってみてください。「アンダンテ・カンタービレ」とてもいいですよ。, こんにちは。ここ数日、九州でもそれなりに寒い日が続いているので、こういう曲が恋しいです。 私は、高見沢宏さんを偲んでダークダックスの『ペチカ』を聞いて過ごします。, そう言われてみれば、ちょうど1年前になるのですね。こちらこそいつもコメントを本当に楽しませて頂いてますよ。どうもありがとうございます。, 今年は西日本で雪が多いですから、チャイコフスキーを聴くには気分が出ていいですね。但し大雪での災害は困りますが。, 感じは似ていますよね。やはり山田耕作がチャイコフスキーに影響されて作ったのじゃないですかね。「ルネ王の暖炉」という曲は全く聴いたことが有りません。, ルネ王とは15世紀のプロヴァンス伯、曲はミヨーが映画の中の中世の場面につけた音楽を木管五重奏に編み直したもので、書法は新しいですが題材は古風な味わい深い曲です。私は不勉強にも映画の内容をよく知らないのですが。 と、ここまで書いてどうも気に成り調べたら、有りました! 『アンダンテ・カンタービレ』はかな~り昔、海野義雄御大の生演奏を聞きましたが、テンポが速くせわしない感じがして、あまり良いと思えませんでした。, では、ハルさま。寒~い冬の夜、風邪などめしませぬよう。 2014年12月3日に日本でレビュー済み . チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番 [初回限定盤] アマデウス弦楽四重奏団 登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け! WAV 96kHz/24bit ¥1,466 ※表示金額は税込価格になります。 単曲購入. ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴くとき、聴き手は古典派の伝統にはない深い感情とドラマチックな息遣いの連続にみまわれる。 ベートーヴェンが出版第一作として選んだ 「弦楽四重奏曲第1番」作品18-1 は、その冒頭からして挑戦的だ。 エミー賞獲得の映像。[演目]ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番ニ長調Op.11~第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」(管弦楽版)[指揮]レナード・バーンスタイン[演奏]ニューヨーク・フィルハーモニック[収録]1975年4月22日~24日エイヴリー・フィッシャー・ … チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第3番 変ホ短調 作品30. « ~ロシア音楽紀行~ チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ」ハ長調op.48 | M-6: 第2楽章:Allegretto vivo e … ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると、1865年 … 手元を確認したら『アンダンテ・カンタービレ』や他の曲が抜粋で入っている、CDしか持っていませんでした。これは是非ともハルさまご推薦盤を購入しなければ! さて、気を取り直して、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番。エマーソン弦楽四重奏団の演奏。曲は、第2楽章が有名というが、他楽章も有名で聴きやすい曲だと思う。チャイコフスキーらしさに溢れている。また、ヴァイオリンの音色が非常に心地よく響く曲で温もりすら感じる … ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3番 弦楽四重奏曲第13番(終楽章に大フーガを使用した初演版) エマーソン弦楽四重奏団 J・S・バッハ:フーガの技法 チャイコフスキー: 弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 op.11(1871)、第3番 変ホ短調 op.30 (1876) ヒース弦楽四重奏団 さっそく取り寄せることにしました。 チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第2番 ヘ長調 作品22. チャイコフスキーはノスタルジックなアンダンテ・カンタービレ(第2楽章)で有名な弦楽四重奏曲 第1番とか、凛として覇気がある弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」も捨てがたい魅力を持っている(ボロディン弦楽四重奏団を中心とする演奏を推奨)。 弦楽六重奏曲《フィレンツェの思い出》(仏語:Souvenir de Florence)作品70は、ピョートル・チャイコフスキーの最後の室内楽曲。 サンクトペテルブルク室内楽協会の名誉会員に選出してもらったことへの返礼として、1890年に作曲され、同協会に献呈された。 ありがとうございます!. ファイル形式. チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集が室内楽・器楽曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 トップページ チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番,弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」 ロルストン弦楽四重奏団 Rolston String Quartet 2019年1月2-4日, 6月18-20日 ベルギー,ワーテルロー,エリザベート音楽院ホール Fuga Libera FUG757 (P)2019 Queen Elisabeth Music Chapel (輸入盤) クラシック / 弦楽四重奏曲集 / チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番、スメタナ:『わが生涯より』、ヴェルディ:弦楽四重奏曲 アマデウス四重奏団CDならYahoo!ショッピング!1,822円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご確認頂けます。 M-4: 第4楽章:Finale (Allegro con moto) チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第2番 ヘ長調 作品22. この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番ニ長調「アンダンテ・カンタービレ付き」op.11 ~ロシア音楽紀行~: ヨハン・シュトラウス(2世) 喜歌劇「こうもり」(Die Fledermaus) 名盤, « ~ロシア音楽紀行~ チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ」ハ長調op.48, チャイコフスキー 後期三大交響曲 ポリャンスキー/ロシア国立響 ~ロシア音楽紀行~ », チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番ニ長調「アンダンテ・カンタービレ付き」op.11 ~ロシア音楽紀行~, チャイコフスキー ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の想い出」 オイストラフ・トリオ ~もうひとつの名盤~, ハルくんのハードロック・カフェ(管理人の姉妹ブログ) ロック・ミュージックについて楽しく語ります, Der Weg zur Deutschen Sprache/ドイツ語学習中のmicchikさんのブログ, オペラファンの仕事の合間に /クラッシック音楽やフィギアスケートの荒川静香さんを語るブログ. Tchaikovsky: String Quartet No.1, String Sexte ”Souvenir de Florence”. 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 作品11は、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーによって、1871年2月に作曲された弦楽四重奏曲である。第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」の冒頭は有名で、ムード音楽などにも編曲されたことがある。, 1865年にサンクトペテルブルク音楽院を卒業したチャイコフスキーは、ニコライ・ルビンシテインの要請を受け、ルビンシテインの創設したモスクワ音楽院の教師に赴任し、後任の指導に当たりつつ作曲活動を行っていた。生計は楽ではなかったが、少しずつ作曲家としての実力・評価を高めてきていたので、ルビンシテインはチャイコフスキーに、自作によるコンサートの開催を勧める。経費その他も配慮して小ホールでの演奏会になったが、それに向いたプログラムを組むのに曲数が足りなかったので、急遽作曲されたのがこの弦楽四重奏曲である。, チャイコフスキーは、この第1番を含む弦楽四重奏曲を全部で3曲、モスクワ音楽院で教師を務めていた1870年代に作曲し、他にはサンクトペテルブルク音楽院の学生時代の最後の年に習作として書かれた変ロ長調の弦楽四重奏曲のうちの1楽章のみが残されている。弦楽四重奏曲の他には、ニコライ・ルビンシテインの死を悼んで作曲されたピアノ三重奏曲「ある偉大な芸術家の思い出のために」が有名でよく演奏され、弦楽六重奏曲「フィレンツェの想い出」も時おり演奏される。, 1876年12月にモスクワ郊外の領地ヤースナヤ・ポリャーナから久々にモスクワに来たレフ・トルストイに敬意を表して、ニコライ・ルビンシテインは特別音楽会を催した。この時にはこの曲も演奏されたが、アンダンテ・カンタービレが演奏された時、チャイコフスキーの隣に座っていたトルストイは感動のあまり涙を流した。, このことをチャイコフスキー自身は、10年後の1886年7月2日の日記に「あの時ほど、喜びと感動をもって作曲家として誇りを抱いたことは、おそらく私の生涯に二度とないであろう」と記している。, 有名な第2楽章の以外にも美しい旋律が多く、またチャイコフスキーらしい情熱的な展開が魅力的である。各楽器の扱いは管弦楽の縮図のような筆致をみせ、時には大仰でもありそれが室内楽の真のスタイルではないと言われることもあるが、それもまた時には型破りな効果を見せる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=弦楽四重奏曲第1番_(チャイコフスキー)&oldid=68006112, 第3楽章 Scherzo (Allegro non tanto e con fuoco). チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番、弦楽六重奏曲「フィレンツェの想い出」. 本当は創始者のドゥビンスキーが弾く演奏が聴きたいのですが録音は有るのかなぁ。よく調べてはいませんが。 第2楽章が、「アンダンテ・カンタービレ」と呼ばれており、単独でも有名です。. Amazonで購入. プロコフィエフの弦楽四重奏曲は、亡命時代の最終期にあたる第1番と、第二次大戦中に作曲された第2番の2曲。 モダンでヒステリックな響きを持つ第1番と、民俗的で平明な第2番は好対照を成しているが、プロコ全作品の中では、今日不当な冷遇を受けているのが実情でもある。 2018/03/23. 【定価84%off】 中古価格¥500(税込) 【¥2,704おトク!】 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番/エマーソン弦楽四重奏団/中古cd/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。 ブラームス: 弦楽四重奏曲第1番/第2番 ニュージーランド弦楽四重奏団 . やはりHABABIさんもアーヨ盤なんですね。この人の演奏は本当に素晴らしいです。, 「チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番」ですか、結構、好きな曲ですが、なぜか、CD等、持っていません。勿論、「アンダンテ・カンタービレ」の録音は持っていますが。, あ、持っているのは、「レナーSQ.」によるSP盤と、日本の「ハイドンSQ.」によるソノシートです。どちらも、好きな録音です。, レナーSQとはまた古くて貴重な録音をお聴きになられていますね。 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番 スメタナ:弦楽四重奏曲第1番≪わが生涯より≫ ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番≪アメリカ≫ - アマデウス弦楽四重奏団 - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得! 今日、1月11日はこのブログに初めてお邪魔した記念すべき日なのですよ~。もう1年…でも、まだ1年?いろんな素敵な記事を沢山頂いて、何年分も楽しませてもらった気がします。ありがとうございます。 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11ボロディン:弦楽四重奏曲第2番ニ長調ドロルツ弦楽四重奏団 Drolc Quartett1967年10月5-9日 ベルリン,ドイツ・グラモフォンUFAスタジオPROC-1613 (P)1969 Deutsche Grammophon (国内盤)好録音度:★★★★★参考: Tower Recordsタワーレコード企画盤。 購入. | チャイコフスキー 後期三大交響曲 ポリャンスキー/ロシア国立響 ~ロシア音楽紀行~ », 寒い冬が続きますので、「暖炉にあたった気分でロシア音楽を聴きましょうシリーズ」第2回です。今回は本当に暖炉にあたっている気分になりますよ。, ご紹介するのはチャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番「アンダンテ・カンタービレ付き」です。チャイコフスキーは生涯に弦楽四重奏曲を正式には3曲残しています。そのうち悲歌の印象が強い第3番にも惹かれますが、やはり最も魅力を感じる作品は第1番です。また一般に広く知られているのもこの曲です。その大きな理由としては、第2楽章の「アンダンテ・カンタービレ」が有名だからです。チャイコフスキーはかつてウクライナの村に滞在したときに、村のペチカ(ロシア式の暖炉)造り職人が仕事をしながら歌っている民謡を聴いて、この曲の第1主題をつくりあげたそうです。どうりで暖炉にあたっている気分になるわけですよね。, けれどもこの曲は第2楽章以外もとても充実しています。第1楽章モデラート・エ・センプレーチェはゆったりとした、いかにもロシア情緒を湛えた雰囲気です。曲の魅力は第2楽章に少しも負けないと思います。第2楽章アンダンテ・カンタービレはもちろんロシア民謡そのものの悲歌ですが、この曲を演奏会で聴いた文豪トルストイが感動の余りに涙を流したと伝えられています。第3楽章スケルツォも民族舞曲を感じさせる個性的なリズムが魅力的です。第4楽章アレグロ・ジェストもやはりロシアの民族舞曲の性格を持つ胸の高鳴るような素晴らしい楽章です。, 曲全体が非常に民族的で、第2楽章にエレジーを持ち、続く3、4楽章が民族舞曲風という構成はドヴォルザークの「アメリカ」によく似ています。どちらの曲も非常に魅力的で、広く愛聴されているのも同じです。, ボロディン弦楽四重奏団(1960年代?録音/メロディア盤) ロシアの名カルテットの演奏で、彼らは3曲とも3回は録音していますが、これはカルテットの創始者ロシティスラフ・ドゥビンスキーが第1ヴァイオリンを弾いたオリジナルメンバーによる最初の録音です。実は長いこと後述する彼らの2度目のコぺルマン時代の録音を聴いていて、それはそれで文句のつけようのない素晴らしい演奏なのですが、ドゥビンスキーのロシア情緒がほとばしる余りに素晴らしい演奏を聴いてしまうと、抗し難い魅力に捕らわれます。アンサンブルも素晴らしいですが、受ける印象としては第1ヴァイオリン主導型に感じられます。それもまたドゥビンスキーの実力ですね。ステレオ録音でリマスターの音質も悪く有りません。合わせて収録された弦楽六重奏曲「フィレンツェの想い出」にはロストロポーヴィチが共演していて、これも破格の名演奏です。, ボロディン弦楽四重奏団(1979年録音/Aulos盤) ボロディン四重奏団の2度目の録音で、長いこと愛聴してきた演奏です。第1バイオリンのミハイル・コぺルマンはシューベルトあたりを弾かせてもウイーン風に柔らかく聞かせる相当な名人だと思いますが、当然ながらロシアものも素晴らしいです。旋律の歌い回しがロシアの味そのものに感じます。他のメンバーも上手いですし、アンサンブルも優秀です。このCDは韓国のAulosレーベルがメロディアのライセンスで発売したので音質は優れています。但し現在は廃盤のようなのでワーナーミュージックから出ている新盤のほうが入手性は良いと思います。同じコぺルマンが弾いています。どちらにも3曲の他に弦楽六重奏曲「フィレンツェの想い出」の再録音がカップリングされていて楽しめます。, スメタナ弦楽四重奏団(1966年録音/EMI盤) 僕の大好きなスメタナQも録音を残しています。全盛期の録音ですのでメンバーの技術が安定しています。但し、非常にしなやかで柔らかく歌っているのですが、どうもロシアものにしては少々しなやかに過ぎる気がします。美しい演奏には違いないのですが、ボロディンQたちに比べると、ロシアの良い意味での荒々しさに欠けるかな、と感じます。このCDにカップリングされたドヴォルザークの「アメリカ」の演奏のほうも若々しく、晩年の円熟した演奏とはまた別の魅力があって素晴らしいです。, ということで、現在はボロディン四重奏団のオリジナルメンバーによる第1回目の録音を最も愛しています。, 投稿者 ハルくん 時刻 12時13分 チャイコフスキー(室内楽) | 固定リンク ロシアでなければ、ヴィヴァルディの「四季」から、「冬」の第2楽章が最高なのですが、アーヨのヴァイオリンで。HABABI, 交響曲第5番もいいですね。暖炉の傍らで年寄りの昔の自慢話を聞く、とはぴったりの表現ですね。, 「四季」の冬もいいですね~。 話は飛びますがつい先日ブラームスのピアノ五重奏の公開レッスンを聴きました。受講生はピアノ学生で弦4人はN響コンマスなど一流プロという贅沢な企画で、弦の響きの作り方に感銘を受けました。これから弦の曲の聴きかたが変わりそうな気がします。, かげっちさん、詳しい説明をどうもありがとうございました。曲も聴いてみたいですが、その映画というのも観てみたいものですね。, ブラームスのピアノ五重奏曲は僕の偏愛する曲ですが、貴重な体験をされましたね。僕も昔は弦楽器を弾いていましたが、改めてそのようなレクチャーを受講してみたいです。, こんばんは。先程からボロディンSQのチャイコフスキー弦楽四重奏曲全集を聴いていました。, 第1番も良かったですが、特に弦楽六重奏曲ニ短調と第3番変ホ短調が良かったです。3年ほど前に買った1,993年録音のCDですが、チャイコフスキーの持つ感情やそれに伴うモチーフ<動機>をよく表現していると思い、今のところこれで十分です。, 正式に2021年が明けての御挨拶は、これが初めてになるでしょうか。愚生が聴いておりますのは、日本Victorの当時のソ連・メロディア原盤の、ボロディンSQのしかもLPです。SMK規格の番号でございますが、満足行く弾きっぷり、作品への共感に溢れたアプローチ 。宜しいですね。, そのボロディンSQの第一ヴァイオリンはコぺルマンでしょうか? flac 96kHz/24bit ¥1,466. モノラル録音ですがオリジナルメンバーのメロディア録音です。 【定価75%off】 中古価格¥781(税込) 【¥2,431おトク!】 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番・第2番/ボロディン弦楽四重奏団/中古cd/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。 Tweet, 別な曲、チャイコフスキーの交響曲第5番もいかがでしょう。第1楽章と第2楽章でロシアの暗い大雪原を見てすっかり冷えた後、部屋中が暖かく、大きな暖炉で火がちろちろ燃えている第3楽章など。第4楽章は、年寄りの昔の自慢話として。 寒い冬が続きますので、「暖炉にあたった気分でロシア音楽を聴きましょうシリーズ」第2回です。今回は本当に暖炉にあたっている気分になりますよ。ご紹介するのはチャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番「アンダンテ・カンタービレ付き」です。 3曲中、もっとも個性的なのは1番で、西欧的書法の弦楽四重奏曲とは一線を画した独自の語法が新鮮。 もっとも室内楽的なのは3番。 2番は人気がないが、もっとも交響曲っぽい。彼の「小ロシア」や「ポーランド」交響曲がお好きな方はどうぞ。 2016 Naxos Rights International Ltd. 2016 Naxos Rights International Ltd. アルバム購入. ! 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 作品11は、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーによって、1871年2月に作曲された弦楽四重奏曲である。第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」の冒頭は有名で、ムード音楽などにも編曲されたことがある。 前回、ボロディン四重奏団のチャイコフスキーの1番を挙げて弦楽四重奏曲の魅力をご紹介しました。それは音のサンプルとしてであって、曲のサンプルとして挙げるのがこの6曲ということ … チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番(作品11)は、1871年に作曲されています。. でもこのアンダンテ、山田耕筰作曲の「ペチカ」に似ていると前から思っているのですが、いかがですか?もちろん山田のほうが後ですけど。おばあさんの昔話みたいな感じですよね。そういえばミヨーにも「ルネ王の暖炉」という曲がありますが。, 今晩はハルさま。 ナクソスジャパン. 金額. ボロディン:弦楽四重奏曲第1番,第2番 ... 5つ星のうち5.0 グラモフォン賞を受賞した名盤. 「弦楽四重奏曲集 / チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番、スメタナ:『わが生涯より』、ヴェルディ:弦楽四重奏曲 アマデウス四重奏団【CD】」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトです。 M-5: 第1楽章:Andante sostenuto. チャイコフスキーの作品の中でも、弦楽四重奏曲は比較的マイナーな存在かもしれない。 実際、ベートーヴェンやモーツァルトと比較すれば、 …