ポリメタクリルスチレン. 建築や乗物の窓材、照明器具のカバー、提灯看板、道路標識、日用品、事務用品、工芸品、腕時計の風防など; 水族館での大型水槽 アクリル樹脂は,アクリル酸エステル又はメタクリル酸エステルの重合体をいい,透明性の高い非結晶性の熱可塑性プラスチックである。 なお, ポリメタクリル酸メチル ( poly methyl methacrylate ) は慣用名で, IUPAC 名は,poly[1-(methoxycarbonyl) -1-methylethylene] である。 アクリル樹脂(アクリルじゅし、英語 acrylic resin)とは、アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、透明性の高い非晶質の合成樹脂である。特にポリメタクリル酸メチル樹脂(Polymethyl methacrylate)。略称PMMA)による透明固体材はアクリルガラスとも呼ばれる。擦ると特有の匂いを発することから匂いガラス(においガラス)とも呼ばれた。また、ポリカーボネートなどと共に有機ガラスとも呼ばれる。, 数多くの商標名があることでも知られ、ドイツエボニック社(英語版)の「プレキシグラス」(Plexiglasが正しいが一般名詞化しplexiglassと綴られることもある)などが有名。, ラジカル重合により、重合度が10,000–15,000程度の製品が作られている。実際には懸濁重合で合成したものを熱可塑形成して薄板やその他の形状に加工することが多いが、厚手の板を作成する場合や、合わせガラスの場合は、2枚のガラスの間にモノマーと重合開始剤を封入してその場で重合し張り合わせる鋳込み(キャスティング)重合が行われる場合もある。鋳込みの方が、硬く物性の良いものが出来る場合が多いが、加工に時間がかかるため割高な素材となる。, メタクリル酸エステル重合体(ポリマー)は透明度の最も高いものの一つで、屈折率も1.49と高く、熱可塑性で複雑な形状に加工することが可能なために光学材料の素材として汎用されている。クロロホルムやアセトンなど種々の有機溶媒に可溶であり、非晶質プラスチックで80–100°C程度で軟化変形し始める。熱成型は通常260°C程度で行われる。, また、アクリル酸のモノマーは他のモノマーと共重合することで改質することが可能であり、アクリル樹脂をベースとした種々の合成樹脂が発明されている。, 一般的な樹脂の中では、優れた耐候性を示し、そのため鋼鈑や他の樹脂板の上にコーティングやラミネートされて、屋外用途にも広く使われている。, ポリメタクリル酸エステル樹脂は高い透明性・耐衝撃性があり、熱可塑形成・着色が容易なことから、無機ガラスの代用品として建築や乗り物の窓材、照明器具のカバー、行灯看板、道路標識、日用品、事務用品、工芸品、腕時計の風防などに利用される。, 曲面加工により空気抵抗が軽減できることから、第二次世界大戦中から航空機のキャノピーに用いられるようになった。傷が付きやすいため現代ではコーティングが施されたものが広く利用されている[1]。耐衝撃性があるため射出座席で緊急脱出する際に頭部を風防に強打して死亡する事故が発生しており、対策としてキャノピーを破砕するキャノピーブレーカーを装備したり、一部が内側からの衝撃で割れやすくする加工を施している。, 樹脂の成型技術の発達によって無機ガラスでは困難な厚さや形状の頑丈な有機ガラスが実現し、水族館での大型水槽展示、また家庭用でも横幅1mを越す熱帯魚用大型水槽の製作が容易になった。傷が付きやすいので大型プレコなどを飼うときは気をつける必要があるが、その欠点を補う特性がある。, アクリル酸エステルを液状、あるいは、ワックス状に重合させたものは、着色性の良さによりアクリル樹脂塗料の原料としても広く使用されている。水性アクリル絵具はアクリルエマルションを用いた絵具である。アクリル樹脂のエマルションは接着剤としても用いられている。また、アクリルモノマーにアクリルパウダーを重合反応させるタイプの接着剤も存在する。これらは後述する光硬化性樹脂(UVレジン)と共に、造形剤としても用いられている。, 一部のアクリル樹脂には、紫外線で硬化する光硬化性樹脂(UVレジン)と呼ばれるタイプのものが存在する。紫外線で硬化するその性質を利用して、歯科やホビー(アクセサリーや模型他)等の分野で、造形剤としても利用されている。, 一般的にレジンと呼ばれるものは、完全に固まると剛性を持つが靭性や弾性に欠ける場合(ハードタイプ)が多いが、中には完全硬化後も強い靭性や弾性をもつものがある。光硬化性樹脂でも、このような物性を持つタイプ(ソフトタイプ)が存在する。, 工業用及び一般発売の各種の3Dプリンターでも、これを用いたタイプがある。この場合は、液状の造形剤内に成形した素材が沈む形での出力となる。, ABS樹脂(ABS) - 架橋ポリエチレン(PEX, XLPE) - エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA) - エポキシ樹脂(EP) - アクリル樹脂(PMMA) - ポリアクリル酸(英語版)(PAA) - ポリアミド(PA) (ナイロン, アラミド) - ポリブチレン(英語版)(PB) - ポリカーボネート(PC) - ポリエーテルエーテルケトン(PEEK) - ポリエステル(PEs)(ポリエチレンテレフタラート(PET, PETE), ポリブチレンテレフタラート(PBT), ポリトリメチレンテレフタラート(PTT), ポリエチレンナフタラート(PEN), ポリブチレンナフタラート(PBN), ポリ乳酸(PLA)) - ポリエチレン(PE) - ポリプロピレン(PP) - ポリイミド(PI) - ポリアセタール(POM) - ポリフェニレンエーテル(英語版)(PPE) - ポリスチレン(PS) - ポリエーテルスルホン(英語版)(PES) - ポリテトラフルオロエチレン(PTFE) - ポリウレタン(PU) - ポリ塩化ビニル(PVC) - ポリ塩化ビニリデン(PVDC) - スチレン無水マレイン酸(英語版)(SMA) - AS樹脂(SAN), 熱可塑性樹脂 - 熱硬化性樹脂 - デュロプラスト(英語版) - プラダン - Polymeric foam(英語版) - High-performance plastics(英語版), Polymer additive(英語版) - プラスチック着色剤 - 可塑剤 - Polymer stabilizers(英語版) - Biodegradable additives(英語版), Plastics industry(英語版)(Commodity plastics(英語版) - エンジニアリングプラスチック - High-performance plastics(英語版) - フィルム - ペットボトル - ポリ袋 - レジ袋 - プラスチック カトラリー(英語版) - ブリスターパック - ドギーバッグ - 建設(英語版) - Geosynthetics(英語版) - Category:Plastics applications(英語版)), Plastic pollution(英語版)(太平洋ゴミベルト - 残留性有機汚染物質 - Dioxins(英語版) - Environmental hazard(英語版) - Plastic recycling(英語版) - 生分解性プラスチック), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アクリル樹脂&oldid=80216708. の呼び方は,仕様を表記する場合に用いることができる。 . 熱可塑性で複雑な形状に加工することが可能。 耐候性に優れている。 pmma(ポリメタクリル酸メチル<アクリル>)の主な用途. Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2011).  製法 ¥æ¥­çš„に活用されるポリイミドは,芳香族化合物がイミド結合で連結する芳香族ポリイミドで,スーパーエンジニアリング・プラスチックに分類される結晶性の熱可塑性プラスチックである。 ポリメタクリルスチレンは、メタクリル酸メチルとスチレンの共重合樹脂です。当協議会の自主基準ではメタクリル酸エステルとスチレン誘導体をそれぞれ20%以上含み、且つ両者の合計が60%以上としています。  次いで,ポリアミド酸を加熱( 200 ℃以上)又は,触媒(アミン系)を用いて脱水と環化反応(イミド化という)でポリイミドを得る。 その他 熱可塑性ポリマー 1.ポリ ... 2)ポリメタクリル酸アンモニウム 30%水溶液 . ポリアシルアミドは、アクリルアミドまたはその誘導体から形成される高分子量の水溶性または膨潤性のポリマーです。 ガラス転移温度は室温(> 400 k)を大きく上回っています。 熱可塑性プラスチックは結晶構造を持っているかいないかの違いにより、結晶性プラスチックと非晶性プラスチックの2つに分けられます。プラスチック製品を設計する上では、両者の性質の特徴を理解して …  なお,ポリイミド( polyimide )の中で,芳香族四塩基酸と芳香族ジアミンとの共重縮合によって,初めて商品化された芳香族ポリイミド(カプトン:デュポン社)の IUPAC 名は,poly (4,4'-oxydiphenylene-pyromellitimide) である。 zC~ c&KH+J q g ) h Ȗ * b @ ѧrES ϖasz0 ただし,スチレンをM1,メタM ポリアクリルアミドの物性. この規格は,熱可塑性材料であるポリメタクリル酸メチル (PMMA) の呼び方について規定する。こ. アクリル樹脂(アクリルじゅし、英語 acrylic resin)とは、アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、透明性の高い非晶質の合成樹脂である。特にポリメタクリル酸メチル樹脂(Polymethyl methacrylate)。略称PMMA)による透明固体材はアクリルガラスとも呼ばれる。擦ると特有の匂いを発することから匂いガラス(においガラス)とも呼ばれた。また、ポリカーボネートなどと共に有機ガラスとも呼ばれる。  イミド化で発生する水の速やかな除去のため,カルボン酸無水物などを脱水剤として用いることがある。, 【熱可塑性プラスチックの分類】, 【ポリエチレンテレフタラート】.  無水ピロメリット酸(ベンゼン-1,2,4,5-テトラカルボン酸二無水物)とジアミン( 4,4’ - ジアミノジフェニルエーテル)を等モルで縮合重合(共重縮合)させ,ポリアミド酸(ポリアミック酸)を得る。 ②から⑤まではビニル基をもつ仲間で、熱可塑性樹脂です。 ねつかそせいと読みます。 可塑性は硬化性の逆と考えればよいです。 メタクリル樹脂はちょっと覚えにくいと思います。 ポリメタクリル酸メチルって、名前長いし… そこで、 ゴロ です。 と機能を融合させ,現行tpeの中で最も優れた耐候性と 透明性を備えるアクリル系tpe(化学構造:pmma-(29) 321 森 下 義 弘 総説小特集 ブロックポリマーを利用した高機能材料の開発 アクリル系熱可塑性エラストマーの応用展開 によると、 [ヒト試験] 52人の被検者に9.723%ポリメタクリル酸メチルを含むアイペンシル水溶液を対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、いずれの被検者も皮膚反応は認められなかった。 stream trailer ? 材料: ポリメタクリル酸メチル/ PMMA; 利用: エンジニアリングプラスチック; 加熱した後、プラスチックのプロパティ: 熱可塑性プラスチック; プラスチック成形方法: 注射; カラー: 白; パッケージ: 25 Kg Bag or as Per Csutomer's Requirements   神奈川県のライプロンコーポレーションは、廃プラスチックの買取から回収、加工、リサイクル、販売まで一貫して承ります。リサイクルによる経費削減、環境に配慮したエコ活動によるcsrの実現を検討中の方は、ぜひご相談ください。 製品コード 特徴 外観 容量; 21169-25 ・低分子量体MW 15,000 ・粘度75-200cP (pH 8.0-9.5) ・水溶性ポリマー ・ポリアミンに不溶 ・顔料分散剤として使用: 透明液体 25g: 3) ポリメタクリル酸ナトリウム 30%水溶液. 文献「ポリ(メタクリル酸メチル)(pmma)と熱可塑性ポリウレタン(tpu)のブレンド」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。